雑記

会社の底冷えがつらい!実際に試した足先の冷え対策4つの感想

きっとこの記事を読みにくてくれたあなたは足先の冷えに困っていることだと思う。

「足先が冷えるだけで体全体も寒く感じて、なんだか調子が出ない…。」←よ〜くわかる。

僕も冬になると、会社で仕事をしているだけで足先に霜焼けができてしまうほどだった。

家に帰って足先を触ってみると冗談抜きで氷のように冷たい。これは、ぜっっったいに体に悪いと感じ「どうにかしないと!」と思い、ネットでいろんな足先の冷え対策を試してみた。

その結果、ここ2年は霜焼けになっていないし、足先の冷えを感じることはほとんどなくなった。

ということで、僕が実際に試した足先の冷え対策を紹介しようと思うので、冷えに困っている人はぜひ参考にしてもらいたい。

靴下重ね履き

足先の冷え対策としてはかなり有名というかネットを見ずとも思いつく対策。

僕の感想として、やらないよりはマシという程度。

というのも、靴下を重ねて履いたところで、冷たい指同士が触れ合ってしまってお互いの温度を下げてしまい結局は寒く感じてしまう…。なんだか足先に冷たい空気の塊がある感じだった。

「冷たい指同士が触れ合ってしまってお互いの温度を下げてしまい…」ということなら、「内側の靴下を5本指タイプのものにすればいいんじゃない?」と思ったそこのあなた!

大正解!!

靴下重ね履き in 5本指靴下

靴下重ね履きをするなら、内側に履く靴下は5本指靴下にするのがおすすめだ!

5本指靴下を履くことで、指の1本1本が布で覆われ互いに温度を下げ合うことがない。僕はこの答えにたどり着き、実際に試したときのあまりの違いに震えた。(もちろん”寒さ”にではない)

今までは靴下を重ね履きしていても足先の冷えは完全に消えはしなかったが、5本指靴下を履いたときは冷えを感じることがまったくなかった。足先に感じていた冷たい空気の塊を感じることがなくなったのだ。僕の中で革命が起きた。

内側に履く5本指靴下はくるぶしタイプがおすすめ。足先の冷え対策なのでくるぶしまでの長さで十分だし、通常タイプの靴下を履いてしまうと締め付けが強すぎてストレスがたまる。

探せば3足で約1,500円とお手頃な価格のため試しやすいのが嬉しい点だ。

デメリットがあるとすれば、靴が若干窮屈になる点と、洗濯物が増えてしまう点だ。

テーブルヒーター

これは、オフィス用デスクの下側に磁石で貼り付けることができるヒーターだ。足先の冷え対策で使える商品がないかアマゾンを探していたら偶然見つけることができた。

「電気の力があれば、靴下の重ね履きをしなくても厳しい冬の季節を乗り越えることができる!」と思い、すぐにポチったが結果は期待はずれだった。

とにかく温かくないのだ。

最初の内は「電源つけたっけ?」と何回も確認してしまうほどだ。靴を脱いで、ヒーター部につま先を押し付けてやっと温かさを感じることができる。僕はこんなものに4,000円も使ってしまったのかとショックを受けた。

というのも、このテーブルヒーター、貼り付けて使うタイプなのであまり出力を上げることができないのだと思われる。もうこれは構造上の問題だから仕方ない。

もし、あなたがある程度のお金を出してヒーター購入を検討しているなら、磁石で貼り付けて使うテーブルヒーターではなく、小さい普通の電気ストーブを買うことをおすすめする。

足の裏に貼るカイロ

最強!!!!!

足先の冷え対策を考えるなら、足の裏に貼るカイロが最強のアイテムだ。

靴下の重ね履きも必要ない。普通に靴下を履いてそこにこのカイロを貼るだけ。これだけで足先の冷えとはおさらばだ。

僕がいつも購入しているのは桐灰の「足の冷えない不思議な足もとカイロ はるつま先」。

足先だけを温めてくれるサイズで靴を履いたときの窮屈さは最小限に抑えることができる。また、仕事のときは黒系の靴下を履くことが多いと思う。このカイロは黒色となっとおり、靴を脱いだ際も目立ちにくくなっているのも嬉しい点だ。ちなみに色違いのベージュもある。

気になる持続時間は8時間だが、僕の体感的にはもう少し長く感じる。

具体的に言うと、朝8時につけて家を出て、夜7時まで会社にいても足先に冷えを感じることはない。昼ごろには逆に熱く感じることもあるほどだ。(嬉しい悲鳴)

デメリットはずばりお金がかかるという点。

ネットの安いお店で買うと15足入りで約800円、1日あたり約53円の出費となる。僕のように20代で中小企業に勤め、ちょっと無理して一人暮らしをしている人からすると、たった53円でも躊躇してしまうのではないだろうか。

僕もできれば使いたくなかったが、このカイロを1度でも使い、その温かさを知ってしまうともう手放すことができなくなってしまった…。

まとめ:使い分けがポイント

足先の冷え対策で僕がおすすめするのは、「靴下重ね履き in 5本指靴下」と「足の裏に貼るカイロ」。そして、この2つを使い分ける。

  • 気温10度以上 → 靴下重ね履き in 5本指靴下
  • 気温10度以下 → 足の裏に貼るカイロ

こうすることで、足の裏に貼るカイロの購入コストを下げることができる。また、気温が高いときに足の裏に貼るカイロを使うと、温かいを通り越して”熱い”になってしまう。これはこれでストレスなのだ。

試行錯誤の上、この2つの方法にたどり着いたが、ここ2年は霜焼けにもならず、以前より快適に過ごせている。

あなたが足先の冷えでもし困っているなら、ぜひ、試してみてほしい。

それでは、また。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください