筋トレ

背中トレの握力補助にゴールドジムのリストストラップがおすすめ!

デッドリフトやベントオーバーローなどの背中の種目をやっていると、背中よりも先に握力(前腕)を消耗してしまうことに困っていませんか?

そんな人におすすめしたいのが、僕も使っているゴールドジムのリストストラップ

握力を補助してくるので背中を思う存分追い込むことができます!

リストストラップを使えば握力を消耗しない!

リストストラップをはじめて使ったとき僕はビックリしました。

デッドリフトをやっていてもまったく握力を消耗しないんです。

今まで握力がへばってしまい背中を追い込むどころではなかったのが、きっちり追い込むことができるようになりました。

はじめて脊柱起立筋がバッキバキに筋肉痛になったときはちょっと感動しました。

また、握力ではなく背筋にあわせて使用重量を決めることができるので、トレーニング強度を上げることができ成長も早くなりますよ。

初心者こそリストストラップを使おう!

筋トレをはじめた当初、こういったトレーニンググッズは、ある程度の経験者が使うものだと思ってましたが初心者こそ使うべきです。

背中は初心者にとってとても難しい部位です。(僕も苦手です)

ただでさえ的確に刺激を入れることが難しい背中を握力が消耗している状態(集中力を欠いた状態)でやっても効果はあまり期待できません…。

集中力MAXの状態で背中のトレーニングに挑むためにリストストラップは必要なのです。

リストストラップの使い方

文章や画像だとわかりにくので下記の動画を参考にしてください。

リストストラップの使い方の解説は3:00頃からはじまります。

動画内で「パワーグリップ」の使い方も解説されています。

たしかにパワーグリップの方が巻き付けるという動作がない分使う際の手間は少ないのですが価格が少し高めなのがネックです。

【2018年9月追記】

比較的安価なパワーグリップを購入しました。

安いだけあって作りもチープですが、しっかり握力を補助してくれます。見た目にこだわらず安いパワーグリップを探している人、おすすめですよ!

初心者は安いパワーグリップで十分!カラル製が期待以上で満足!プル系種目の握力補助としてリストストラップが有名ですが、パワーグリップという筋トレグッズもあることを知ってますか? リストストラップと...

手頃な価格で丈夫なゴールドジムのリストストラップがおすすめ!

リストストラップ自体がトレーニンググッズの中でも割と安価で、おすすめしているゴールドジムのリストストラップはどこの通販でも2,000円ほどで購入できます。

最安値というわけではありませんが、価格と品質のバランスがいいです。

当記事投稿時点で9ヶ月ほど使用し何回か洗濯もしていますが、ほつれることもなく丈夫。むしろ適度に柔らかくなり使い勝手は向上していますね。

革ではなく布製なので汗の臭いが気になったらウェアと一緒に洗濯できる手軽さも気に入ってます。

ゴールドジムのリストストラップのイマイチなところ…

  • セット毎に巻き付ける作業が面倒
  • 手首の締めつけ感が左右で異なるときがある(巻き付け方が下手…)
  • 持ち手がゴム素材だと滑らず巻き付けにくい

これらはゴールドジム製とかは関係なくリストストラップ自体に言えることですね…。

最初は巻き付け作業が面倒に感じるかもしれませんが、慣れればササッとできるようになります。

いざ、使ってみて気づいた点が最後の「持ち手がゴム素材〜」です。

バーベルのように持ち手が金属であればスルスルと滑るの巻き付けも簡単なのですが、ゴム製だと滑らなくて巻き付けが難しい。というか無理です。

僕が通っているジムだと、ラットプルダウンのバーやパラーラックについている懸垂用の持ち手がゴム素材なので、リストストラップは使わずに素手でやってます。

ラットプルダウンや懸垂であればリストストラップがなくてもなんとかなります!

まとめ:握力の消耗に困っている人は迷わず買おう!

握力が消耗してしまって背中を追い込めない人、ゴールドジムのリストストラップは本当におすすめ!

デッドリフトなどで高重量を扱った瞬間にリストストラップの凄さを痛感できます。

特に初心者の人、握力を心配せず、背中に全神経を注ぐことができるため、背中トレの効率が上がること間違いなしです。

リストストラップがあればデカイ背中、逆三角形の体型も夢じゃないかも…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください