雑記

【レビュー】「iPad Pro 2018」12.9インチを1週間使ってわかった良いところと悪いところ

2018年11月7日、「iPad Pro 2018」が発売されました。

ホームボタンが廃止され、ほぼディスプレイのみの「iPhone X」シリーズのようなボディとなりました。

さらに、「Apple Pencil」も進化し「Apple Pencil 2」となり、iPad本体に磁石でくっつくようになり、自動でペアリングと充電をするようになりました…。

ちょっと待ってAppleさん。

iPadのX化は仕方ないとしよう。なぜ「Apple Pencil」は最初からこうできなかったの? こんなことされたら欲しくなっちゃうじゃないですか?

去年、「iPad Pro 2017」の10.5インチモデルと「Apple Pencil」買ったとこなんだけど…。

ということで、

「iPad Pro 2018」12.9インチモデルの256GBを発売日にピックアップで買っちゃいましたw 僕は食欲と◯欲には強いが物欲にはそこはかとなく弱いのだ!

「iPad Pro 2018」購入翌日、僕のMBP13がMojaveアップデート中にお亡くなりになり入院することになったので「iPad Pro 2018」をそれはもう使い込みました。

それでは、「iPad Pro 2018」12.9インチモデルを1週間使い込んだレビューを書いていきたいと思います。

「iPad Pro 2017」との違いをザックリと

  • 11インチ:サイズは10.5インチモデルのままディスプレイを11インチに拡大
  • 12.9インチ:ディスプレイはそのままにサイズが一回り縮小(A4用紙と同等)
  • 軽量化(12.9インチはお大幅に)
  • 処理速度の向上
  • 「Face ID」搭載
  • 「Apple Pencil 2」対応

すごく簡単にまとめるとこんな感じ。細かい数字を知りたい人は公式サイトをどうぞ!

iPad Pro – 仕様 – Apple(日本)

僕は太字部分に魅力を感じ「iPad Pro 2018」の12.9インチモデルを買いました!

細かい理由はこの記事の続きを読んでもらえばわかると思います。

「iPad Pro 2018」12.9インチモデルを1週間使い込んでわかった良いところ

軽い!コンパクト!12.9インチ最高!

もうとにかく軽い! まるでプラスチックの板を持っているような感覚。開封時は本気でビックリしました。

しかも、サイズはA4用紙とほぼ同じなので旧モデルと違いカバンを選ばない。

最高じゃねーか、12.9インチ!

これは本格的に持ち運びたくなる重さとサイズ感。「Smart Folio」をつけるとズッシリ感は少し増すけど持ち運びには影響なし。

最近は外出先で使う予定がなくても何かあったときのためにカバンに入れて持ち運んでる。いつも「iPad Pro 2018」12.9インチモデルが近くにあると思うと安心だし最高に幸せ。

画面の大きさは正義!動画も電子書籍も超快適!

やっぱり画面が大きいと動画は迫力があるし電子書籍も文字が大きくて読みやすい。

Amazonプライム・ビデオでのアニメ視聴やKindleでの読書が捗りすぎる。もうブログなんて書いてられない! それどころじゃない!

「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」を見てエウレカ熱が再燃してるのでTV版を見直そうか…。(もう3回は見てる)

ハイエボ1が謎すぎて微妙だった人もこれを見れば評価が変わると思います。「あ〜そういうことだったんだ!」って。次作が本気で待ち遠しい!

「Apple Pencil 2」がすぐそこにある安心感!

僕は今まで「Apple Pencil」の置き場所に困ってましたが、「Apple Pencil 2」はiPad本体に磁石でくっつくようになり定位置が決まりました。

今までは探すのが面倒で結局使わないことが何回もあったんですがこれで解決。ペンを使いたいと思ったときに手を伸ばせばすぐそこにある安心感は半端ない。

しかも、iPad本体にくっつけるだけで充電してくれるので、使い始めるときに「バッテリー切れてるじゃん!」という悲劇が起きない。

マジ安心感の塊ですわ。

認証エラーのイライラとはおさらば!「Face ID」が最高!

僕はひどく乾燥するタイプで11月を過ぎると指先が荒れ「Touch ID」が使い物にならなくなります。

ロック解除だけならまだしも、アプリ起動時に認証エラーで弾かれると地味にストレスがたまる。1Passwordで弾かれたときにはもう半ギレですよ。

こんな僕にとって「Face ID」は救世主。

「iPhone X」で初めて認証したときは感動しました。

この「Face ID」が「iPad Pro 2018」に搭載とするとなると「買う」という選択肢しかないじゃないですか!

たしかに「Face ID」もマスクをつけてたら認証が通らない弱点があります。

ただ、これは僕にとっては問題なし。僕は大のマスク嫌いなので風邪が重症化したときしかつけません。

僕は年に2回ぐらいしか風邪を引かないし重症化するのは稀なので1年を通してマスクをするのは3日ぐらいなんですよ。

こんな僕にとって「Face ID」は相性バッチリの認証システムなんです。

(バカは風邪引かないとか言わない…)

なにもかもがヌルサク!引っ掛かりを知りたい!

処理速度が爆速すぎて並大抵の作業は何のストレスもなくこなすことができます。

とある記事によると「MacBook Pro」にも及ぶ処理能力を持っているんだとか。いや、もうマジで化け物じみてる…。

ちょっとした画像編集やブログの記事作成、動画閲覧、電子書籍などなど一般的な利用であれば向こう数年は戦っていける処理能力を持ってます。

むしろほとんどの人にとってはオーバースペックであることは間違いないので処理能力で買うかどうかを迷う必要は絶対にありません。ぜひポチってください。

Apple脅威のメカニズム!バッテリーの持ちが半端ない!

この「iPad Pro 2018」12.9インチモデルはスタミナお化け。使っても使ってもバッテリーが減りません。

「iPad Pro 2018」でiPhoneの充電ができると知ったときは「誰がするかよw」とか思ったりしたんですが、これだけバッテリーが持つならiPhoneを充電する気にもなる。

僕の使い方だと1日で「iPad Pro 2018」12.9インチモデルのバッテリーを使い切ることはまずないので、こいつをモバイルバッテリー代りとすればもうモバイルバッテリーを持ち運ぶ必要性はないかもしれないなー。

やった! 荷物が少し減る!

あぁ美しい…、所有欲が満たされる…

結局のところこれですよねぇ。

Apple製品は本当に美しい。カッコイイ。ずっと見ていたくなるし触っていたくなる。

そして、ずっと見ていたい触っていたいがためにどんどん使うようになり生活の一部となっていく。

Apple製品を使い始めたが最後、Apple沼にはまってしまい抜け出せなくなる。

思いつきで「iPhone 4」を使い始めた大学3年生の自分を褒めちぎってあげよう…。

「iPad Pro 2018」12.9インチモデルを1週間使い込んでわかった悪いところ

価格が高い!

みなさんご存知の通り価格が高い…。

【11インチ(Wi-Fi)】

  • 64GB:89,800円
  • 256GB:106,800円
  • 512GB:128,800円
  • 1TB:172,800円

【12インチ(Wi-Fi)】

  • 64GB:111,800円
  • 256GB:128,800円
  • 512GB:150,800円
  • 1TB:194,800円

【11インチ(Wi-Fi + Cellular)】

  • 64GB:106,800円
  • 256GB:123,800円
  • 512GB:145,800円
  • 1TB:189,800円

【12インチ(Wi-Fi+ Cellular)】

  • 64GB:128,800円
  • 256GB:145,800円
  • 512GB:167,800円
  • 1TB:211,800円

※価格はすべて税別

1TBなんてとても買える金額じゃない。

ただ1TBのみメモリ6GB搭載なので画像編集をガツガツするような人は無理してでも買った方が満足度は高いかもしれません。(他は4GB)

僕は、「Smart Folio(12.9インチ用)」と「Apple Pencil 2」も一緒に買ったので全部で155,100円(税別)となりました。くそ高い…。

周辺機器の価格も高い!

本体も高ければ周辺機器も高い…。

  • Smart Keyboard Folio(12.9インチ用):22,800円
  • Smart Keyboard Folio(11インチ用):19,800円
  • Smart Folio(12.9インチ用):11,800円
  • Smart Folio(11インチ用):9,800円
  • Apple Pencil 2:14,500円

※価格はすべて税別

「AppleCare+」も検討中なのでこれもとなるとさらに14,800円(税別)。

ここまでくると金銭感覚が麻痺してどうでもよくなってきますねw

OLEDモデル発売の恐怖…

地味に怖いのがこれ。

「iPhone X」シリーズに搭載されているOLED(有機EL)が次期iPad Proで搭載される可能性は十分にありますよねー。

黒の発色が良かったり目が疲れにくかったりと言ったメリットがありますが、液晶とそこまで違うかと言われれば何とも言えないんですけどね。

現時点で「iPad Pro 2018」の購入を検討している人はOLEDモデルを期待して1年待つのも選択肢の1つだと思います。

高額な修理費用、「AppleCare+」は必須かも…

保証外修理費用がすっごく高い…。

  • 「iPad Pro 2018」11インチモデル:57,400円
  • 「iPad Pro 2018」12.9インチモデル:74,800円

もうなんかいろいろとやばい。あと半分ぐらい出したら容量によっては新品買えちゃう金額。

iPadは外だけでなく家の中でも持ち運んで使うことが多いので落として壊す可能性は十分にあります。これは「AppleCare+」に加入しておいた方がいいのかも。

AppleCareに加入していれば上記の金額が4,400円になるので「AppleCare+」の代金を含めても断然安く修理することができます。

「AppleCare+」はさっきも書いたように14,800円(税別)で加入できます。

購入時に加入していなくても購入後30日以内であれば加入できるので再検討することをおすすめします。僕はたぶん加入すると思います。

AppleCare+ – iPad – Apple(日本)

さらに「AppleCare+」に入っておけば「Apple Pencil 2」も保証対象となり3,400円で修理できるのでお得と言えばお得です。

まとめ:iPadが自分の可能性を広げてくれる!

この1週間、持ち運べる重さとサイズ、画面の広さに処理能力の高さを持った「iPad Pro 2018」12.9インチを使っている中で「このiPadでもっといろんなことをしたい!」と思うようになりました。

まずはブログの記事作成からと思い、この記事も「iPad Pro 2018」で「MWeb」というマークダウンエディタを使って書きました。

マークダウン記法で記事を書くこと自体が初めてのことだったんですがやってみたら意外と簡単でビックリ。この「iPad Pro 2018」12.9インチモデルのおかげで新しい発見ができました。

こんな感じで「iPad Pro 2018」12.9インチでもっと新しいことに挑戦して、自分の中の可能性を広げていければと思います。

最高だぜ!「iPad Pro 2018」12.9インチ!!

それでは、また!

追記:「Apple信者1億人創出計画」に掲載されました!

うぉずさんが運営している「Apple信者1億人創出計画」に僕のレビューが掲載されました!

新型iPad Pro(2018)のレビューを6名分集めて分かった23のこと【11 & 12.9インチ】

「iPad Pro 2018」の11インチモデルと12.9インチモデルに関するレビューがたくさん掲載されています。

絶対に参考になる記事なので購入検討中の方は要チェックです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください