筋トレ

体重と体脂肪率だけでOK!筋肉量計算ツールと算出式の紹介

筋肉量を知るための筋肉量計算ツールと算出式を紹介していきます。

増量は筋肉量を増やすために、減量はできるだけ筋肉量を維持しながら体脂肪だけを落とすためにやっているのに、体重や体脂肪率にばかり目が行っていて筋肉量の管理が疎かになっていることにふと気がつきました。

短期間で大きく変化があるものではないので毎日の管理は必要ないと思いますが、増量や減量の始めと終わりぐらいは記録しておきどれだけ変化があったのかは知っておきたいところです。

ちょっと調べてみると、筋肉量計算ツールなんていう便利なものがありました。

また、体重と体脂肪率がわかれば簡単に算出できることもわかりましたので、Excelなどの表計算ソフトで体重と体脂肪率を管理している人は参考にしてみてください。

筋肉量計算ツールの紹介

筋肉量と筋肉率を計算

上記サイトで体重と体脂肪率を入力するだけで筋肉量と筋肉率を求めることができます。

年代別の平均筋肉率も記載されているので参考にしてみるのもいいと思います。

筋肉量算出式の紹介

筋肉量の算出式は以下になります。

  1. 体重 × 体脂肪率 = 体脂肪量
  2. 体重 - 体脂肪量 = 除脂肪体重
  3. 除脂肪体重 ÷ 2 = 筋肉量

ためしに僕の体重(77.8kg)と体脂肪率(22.7%)で計算してみます。

まずは、「体重 × 体脂肪率」で体脂肪量を求めます。

77.8 × (22.7/100) ≒ 17.7

体脂肪量は小数第2位を四捨五入して17.7(kg)となりました。この値を体重から引くと除脂肪体重を求めることができます。

77.8 − 17.7 = 60.1

となり除脂肪体重は60.1(kg)ということになります。

そして、この除脂肪体重を2で割ると筋肉量を求めることができます。

60.1 ÷ 2 ≒ 30.1

ということで僕の筋肉量は30.1(kg)ということになります。

小数点処理の関係でピッタリとはいきませんが、先ほど紹介したサイトでの算出結果とほぼ同じ値になりましたね。

Excelで体重と体脂肪率を管理している人は、下記の式を入力して体重と体脂肪率のところを該当するセルに修正すれば筋肉量を算出することができますよ。

=(体重(体重*(体脂肪率/100)))/2

ぜひ利用してみてください!

まとめ:節目節目で筋肉量を知ることが大切

冒頭にも書きましたが、筋肉量なんて短期間で大きく変動するものではありません。

なので、毎日管理する必要はありませんが、増量や減量の始めと終わりぐらいは記録しておいて筋肉量にどれだけ変化があったかは把握しておきたいですね。

増量、減量時のうまくできた点や失敗した点などの判断材料の1つになるかと思います。

それでは、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください