ゲーム

プロコンをスマブラSPで使ってみた!遅延や操作感をレビュー

プロコンをスマブラSPで使ってみたレビューです。

選んだ理由や遅延、操作感、気づいたことを書いています。プロコンを検討している人はぜひ参考にしてみてください!

プロコンを選んだ理由

Joy-Conはなし。これはもう当たり前ですよね。

残る選択肢としては次の3つのコントローラー。

  • GCコン(ゲームキューブコントローラー)
  • ホリコン(ホリクラシックコントローラー)
  • プロコン(Nintendo Switch Proコントローラー)

GCコンは、純正接続タップが手に入らない。(定価の数倍のお金を払えばまだ買える)

なにやらメーカーでの製造が未定なようで今後手に入る可能性は低い。

ホリコンも今は定価での入手は難しいし、サードパーティ製ということで今後も製造されるか怪しい。

ということで、消去法的にプロコンを買いました。

かずきち
かずきち
プロコンは供給が安定してるし、基本どの大会でも使えるのでおすすめ!

プロコンの遅延はどうなの?

まず僕が使っての感想ですがまったく気になりません。

僕の体感だけの話しでは信憑性が低いと思うので、すごく参考になるツイートを貼っておきます。感謝です。

詳細:コントローラー遅延検証

GCコン、ホリコン、プロコンの中では、残念ながらプロコンが最下位ではありますが、これぐらいの差であれば無視していいのかなと思います。

面白いのがプロコンは有線より無線の方が遅延が少ないということ。有線信者の僕には意外な結果でした。

プロコンの操作感と気づいたこと

「使いにくかったらどうしよう…」と少し不安でしたが、まったく問題なく使えます。

操作感に関して1つ気になる点があるもののいい感じ。手のフィット感も僕好みで、トータルで見てもホリコンよりプロコンの方が使いやすいという印象です。

かずきち
かずきち
ホリコンはなしと言っておきながら実はホリコンユーザーでした!

それではもう少し細かくレビューしていきたいと思います。

ボタンが軽く押しやすい!

ホリコンと比較してですがボタンが軽く押しやすいです。

極端な言い方をすると、ホリコンはボタンに指を置いてポチッと押し込む感覚があるのに対し、プロコンはボタンに指を置いたそのままの力で入力できる感覚です。(特にABXYボタン)

コントローラーの形状もより手にフィットする形で作られている点もGOOD!

ワイヤレスが快適!

やっぱり線がないのは快適です。

別にホリコンを使っているときに線を邪魔に感じたことはないんですが、いざワイヤレスのプロコンを使ってみると「あっ!線って邪魔だったんだなー」と感じました。

まぁこれだけなんですが…。

公式大会でも使える!

「スマッシュボール杯 全国小学生スマブラ大会 団体戦」などの公式大会でプロコンは使えます。

上記大会でも使用コントローラー欄に「Nintendo Switch Pro コントローラー(有線接続)のみ」と記載があります。

より遅延の少ない無線が使えないのが残念ですが、大会出場も見据えてスマブラSPをしているなら普段からプロコンを使って慣れておくのは大切なことだと思います。

供給が安定している!

プロコンは供給が安定しているのもメリットの1つです。

GCコンは接続タップの入手が困難だし、ホリコンは供給数が少ないからか価格が倍ぐらいに跳ね上がってる。

スマブラを過去作からやっていてGCコンに慣れているならGCコンやホリコンにこだわるのはありですが、今作からプレイするのであれば最初からプロコンにするのがベストな選択だと思います。

最初は入力ミスが増える…

コントローラーを変えた場合ですがやっぱり入力ミスは増えます。ボタンの大きさとか違いますからね。

僕はこれで戦闘力100万は落ちました。

ですが、入力ミスが完全にはなくならないものの数日で慣れ戦闘力を元に戻すことができました。

8角ガイドがないので入力ミスが増える…

これがプロコン。

左スティックと右スティック(Cスティック)に8角ガイドがなくただの円となってます。

そして、これがホリコン。(GCコンもほぼ同じ)

左スティックと右スティック(Cスティック)に8角ガイドがあるのが見てわかると思います。

さっき「たまに入力ミスをする」と書きましたが、おそらくこれが原因です。

ないものを欲してもしかたないので、ここは慣れていくしかないですね。

かずきち
かずきち
トレーニングモードで練習あるのみ!

左スティックから白い粉が出る…

スティックの軸部分がガイドと接触することで削れて白い粉が出てきます。PS4のコントローラーでもよく見る症状です。

Google先生に聴いてみると、どうやらプロコンの場合、この白い粉がコントローラー内部に入り込み接触不良を起こす可能性が高いようですね。

対策としては、軸部分をこまめに拭いたり、グリスを塗ってあげるのがいいようです。

価格が高い…

価格が希望小売価格:6,980円+税とそこそこ高いです。

Amazonだと税込みで7,000円以下で買えますが、GCコンやホリコンと比べるとやっぱり高い。

しかも、スマブラは入力が激しいゲームなのでそれだけ消耗が早い。

できるだけ壊さないように手入れをして大切に大切に使っていきたいと思います。

まとめ:遅延は気にならないし操作感も良好!

以上、スマブラSPでのプロコンの操作感レビューでした。

かなりデメリットを書いてしまいましたが、入力ミスについては慣れで解決できますし、左スティックから出る白い粉は手入れでなんとかなります。

残る問題は価格。

約7,000円と高いですが、1ヶ月で壊れることはないし、1年間のメーカー保証もあるので払えない金額ではありません。

また、GCコンやホリコンと違い供給が安定しているというメリットもあります。

スマブラSPは息の長いゲームになると思うので安定して手に入るコントローラーでプレイするのは上を目指すにおいても大切なことです。

操作感も満足できるレベルなので、価格に折り合いをつけられるならおすすめできるコントローラーです!

それでは、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください